大宮区は、埼玉県さいたま市を構成する10の行政区の一つです。
2001年に浦和市および与野市と合併してさいたま市になる以前は大宮市という名前でした。
江戸時代には五街道の一つである中山道の宿場町として、また、氷川神社の門前町として栄えた歴史ある街です。

現在は埼玉県内有数の商業都市として発展しています。
県庁などの主要な行政機関を擁する浦和区よりも、経済的に発展していることが特徴であると言うことができます。

大宮はJR大宮駅を境に東西に別れています。
東口は宿場町・門前町として発展してきた地域で、現存する建物には古いものが多く、昭和の面影を残す街になっています。
西口は1970年代に始まった再開発により発展した地域で、比較的新しいビルや高層ビルが集中しています。
駅前にペデストリアンデッキがあるのも特徴ですね。

商業都市という側面が強いですが、大宮駅からの徒歩圏内には住宅街もあり、非常に住みやすい街であると言う事ができます。

古くから、交通の要衝として有名な大宮の交通は、まずJR東日本の新幹線、在来線の各線と、東武鉄道の野田線、埼玉新都市交通の伊奈線が乗り入れており、ターミナル駅となっています。とにかくどこへ行くにも便利な主要駅ですので、都心へ通勤する方も、あちこちへお出かけするという方も、大宮駅に住みたい!という方は後を絶ちません。また、始発駅にもなっていますので、「座って通勤したい」という方にとっても人気がありますね。

ただ、乗り入れている路線が多いため、駅自体はかなり大きくなっており、初めて利用する方にとっては「どこへ行っていいか分からない」という方も少なくありません。一時的に大宮駅を利用するなら、あらかじめてきちんと調べて利用したいものですね。ちなみに、電車の発車メロディとして一部の路線では、さいたま市歌を使用していたり、大宮アルティージャの応援歌を使用しているそうです。利用するときには、注意してみたいですね。

また、大宮のあたりにはバスも多く走っていますので便利です。大宮駅からは、東武バスウエスト、国際興業バス、西武バスが走っており、高速バスや深夜の中距離バスも出ています。必要に応じて使い分けができますね。

上記のように、大宮は交通の便が非常によく、そのために人気を集めてきたエリアでもあります。住環境ももちろん大切ですが、通勤・通学のためには交通の便の良いところ、というのは必須の条件ですよね。そうした面で人気があります。

大宮と言えば夜の街でもあります。
店舗型のお店も多くありますが、最近では無店舗型のいわゆるデリヘル店が増えています。
埼玉デリヘルの中でも特にお店が多く競争の激しい大宮デリヘルでは、様々なジャンルのお店で比較的安く遊べます。